« でてたのですね… | トップページ | メモリー追加 »

2009.10.10

SmartQ5-3 (SDカードへubuntu導入)

20091010
      PENTAX K-7 / smc PENTAX-AF 50mm F2.8 MACRO
              Svmode 1/60sec F2.8 ISO400

Covia製SmartQ5に導入されているAndroidで、無線LANに接続してあ
る程度のことはできるようになったのですが、電池の消耗も激しく使用
感もイマイチな感じです。

そこでubuntuを試してみるために、SDカードに智器のHPからダウンロー
ドしたSmartQ5V5.0を導入してデュアルブートできるようにしてみました。

方法は、日経LINUX2009年9月号の特集3 「SmartQ」がやってきた の
Part3 OS変更&マルチブート の通りです。

1) SDカードの準備
ubuntuが動いているPC上で「システム」-「システム管理」-「パーティ
ション・エディタ」を使い、8MBのSDカード上にFAT32のブート用パーティ
ション(128MB)、ext3のOS導入用パーティション(swap用に後ろに256M
B残した容量)、最後にlinux swapのスワップ・パーティションを作りました。

2) インストールファイルの準備
WindowsのPC上で、智器のHPの「サポートする」-「ダウンロードする」
(いずれもgoogleにて翻訳)からSmartQ5を選び、ソフトウエア名前
「SmartQ5V5.0の」をクリックしてダウンロード。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックして展開し、日経LINUX付属
DVDに収録されていた「SmartQ5Extractor」で展開してできたフォルダー
内のSmartQ5-v5.0.rarを開きファイルを抽出します。

出来上がったファイルをすべて、ubuntu PC上にコピーして日経Linuxの
p.65の手順通りにSDカードへ必要なファイルをセットアップしていきます。

ubuntuはすぐに立ち上がったのですが、WiFiがうまくつながりません。
WEPのパスワードを入れるのですが、違う言われて接続ができないの
です。

もう少し調べながら設定を進めていきます。

Tbp105200_2

|

« でてたのですね… | トップページ | メモリー追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SmartQ5-3 (SDカードへubuntu導入):

« でてたのですね… | トップページ | メモリー追加 »