« 八手 (やつで) | トップページ | 霜柱 »

2009.12.16

SmartQ5-5

20091216
      PENTAX K-7 / smc PENTAX-FA 50mm F2.8 MACRO
              Svmode 1/1/25sec F2.8 ISO400

タイトルがSmartQ5なのに、古いアクセスポイントの写真。
実は…

今までうちで使っていた無線ルータのNEC WR6670Sは、Clieや古いPCを繋
ぐために暗号化はWEPで使っていたのですが、SmartQ5で繋ごうとすると、
Androidoではうまくいくものの、SDカードにインストールしたv5.0では繋ぐこ
とができませんでした。

しかしWPAにするとどちらのOSでもうまく繋がるがわかり、WR6670SはWPA、
復活させたcoregaWLAP-54GTはWEPと使い分けをすることにしました。

他のPCの設定は簡単に変更できたのですが、TVの無線LANコンバータとし
て使っているdd-WRT化したFoneraの設定にはちょっと苦労しました。
設定の時に使ったIPアドレスがわからなくなっていたので一度初期化して、
以前設定したメモを見ながら設定しなおしたのですが…なぜか繋がらず、ま
た試行錯誤を繰り返してしまいました…。

他の環境を戻せたので早速、SmartQ5 V5.0の日本語化を試したのですが、
日本語インプットメソッドのインストールが
# apt-get install scim scim-anthy kasumi
だけではうまくいきません。
「SCIM入力メソッドの設定」の表示が出てきません。
v4.0までの日本語化と同様に
 日本語言語パックインストール
  # apt-get -y install language-pack-ja
 日本語インプッドメソッドのインストール
  # apt-get install language-support-input-ja
をインストールすると「SCIM入力メソッドの設定」が表示されるようになるの
ですが設定内容の中にGlobal Setup等の項目がなくやはり使えない状態
です。

SDカードだとダメだとの情報もあったので、本体にも入れてみましたが、結
果は同じでした。

もう少し検索して試してみます。

Tbp105200_2


|

« 八手 (やつで) | トップページ | 霜柱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SmartQ5-5:

« 八手 (やつで) | トップページ | 霜柱 »