« 日中は暑いのに… | トップページ | fox capture plan »

2013.11.10

VAIO type F light ファン修理

20131110
       PENTAX K-5 / smc PENTAX-D FA Macro 100mm F2.8
               TAv mode 1/60sec F2.8 ISO400

もう7年位前からスタッフ用に使っているノートPCのVAIO FJ91S(PCG-7Q1N)の
ファンから、異音がするようになっていました。
作動には問題なかったので、そのままにしていましたが、先日熱暴走して止ま
ってしまいました…

VAIOのHPで修理情報を調べてみたところ、もう保守期間は終了しているとのこと。

ThinkPad T-40のようにファンの部品を自前で交換できればと思いネットで検索
してみましたが、外付けのファンしか見つかりませんでした。

とりあえずAmazonで

サンコ- ノートPC排気口取付型ファン AKIBA57

を購入してみました。
確かにファンはまわっているのですが色々と装着方法を工夫しても排熱口に
密着できていないためかPC排熱口付近はかなり熱くなってしまいます。
これではいつまた止まってしまうかわかりませんし、USBポートが一つ塞がっ
てしまうのも不便です。

VAIOの使用は諦め、引退していたThinkPad T-40を初期化してとりあえず使
えるようにしました。

しかし…

ファン本体の交換できればと思い、裏の⇒印のネジを全部はずし(実は・⇒
のネジを外すだけでよかった…)、キーボード上部ツメのひっかかり4か所をは
ずしてキーボードを取外し、内部のアルミ板を外し中を確認してみました。

確認をしてみると、ファンはThinkPadT-40と同じようにアセンブリパーツとなっ
ていました。

アセンブリーパーツには「Toshiba MCF-C13PAM05」と刻印されていたので、
この名前でネットを検索をしてみましたが、海外の商品しか見つかりません。
しかも中古品が多く新品だと$70位はするので送料も含めると一万円コース
となりそうです…

ファン本体のみの販売はないかとか、国内での扱いはないのかと色々と検索
ワードを変えて調べてみましたが、それら部品は見当たりませんでした。

そうこうするうちに、「壊れるの覚悟で多量のCRC556を吹きかけて直した」と
いう方のHPがありました。
壊れたら部品パーツを海外から買うことにしてとりあえず、CRC作戦を行って
みることにしました。

キーボードをはずした状態で電源を入れファンの軸付近にストロー状のノズル
を使い少しずつCRC吹きかけてみました。
数秒ずつ何度も吹きかけているうちに、ファンの回転が次第になめらかになて
きて異音も全くなくなり綺麗に回るようになりました。

CRC凄いです…

またオイル切れになってもこれならばすぐに直せそうです…

Tbp109360

|

« 日中は暑いのに… | トップページ | fox capture plan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VAIO type F light ファン修理:

« 日中は暑いのに… | トップページ | fox capture plan »